フォト

当事務所関連書籍

プロバイダ関係メモ

  • 発信者情報の開示
    損害賠償請求をするには発信者の身元を特定する必要があります。 手続きとしては 1 サイト管理者、プロバイダへの開示請求書送付 2 裁判手続き(開示仮処分、開示訴訟) 3 弁護士会照会 などが考えられます。
  • 投稿記事の削除
    インターネット上の記事を削除するにはいくつかの方法があります。 1 サイト管理者に対して削除請求書を送付する 2 所定のフォームなどから削除依頼を行う 3 裁判手続きを行う(仮処分命令申立等) どの手続きをとるべきかは、相手によって変わってきます。すんなり削除に応じるサイトもあれば、裁判で徹底的に戦って勝たないと消してくれないところもあります。 ご依頼者としては一日も早く違法な記事が削除されることを願っているところですので、この方針の選択は大変重要なポイントです。 また、裁判手続きを選択する場合は通常費用がかかりますので、手続き選択は期間だけでなく予算の面からも重要なポイントで、経験によって大きく展開が変わるポイントです。 初期の被害状況の調査がきちんとされていないと、どんどんお金がかかる結果にもなりかねません。

法律問題全般

2011年4月12日 (火)

顧問先会社の従業員の方は法律相談が無料です

まだまだ駆けだしの私ですが,縁あって多くの会社から顧問弁護士のご依頼をいただき,日々様々な法律案件に触れ,大変充実した弁護士生活を送らせて頂いております。
この場をお借りしまして,改めて,クライアント各位に御礼申し上げます。

さて,顧問弁護士ができたということで,このブログに訪れた,私の顧問先企業様の従業員の方もおられると思います。

私は,普段は社長,法務部長など,幹部の人たちとしか接する機会がありませんが,福利厚生の一環と,従業員の皆様の法的なお悩みを解決することにより,仕事へのモチベーションも高まるであろうという観点から,顧問先の従業員の方の,プライベートな法律相談(例えば男女問題,相続関係,不動産関係など)もお受けしております。

当事務所にお電話頂き,会社名とお名前を言って頂ければ,ご予約をお取り頂けます。
顧問先企業の従業員の方であれば,正社員の方でもそうでなくても,法律相談は無料です。
もし,裁判のご依頼でしたら,当事務所所定の弁護士報酬から1割引致します。また,経済的に弁護士費用のお支払が難しい場合には,一定の条件がありますが,民事法律扶助のお取り扱いもしております。

なお,顧問弁護士という立場上,お勤め先企業との労働問題など,板挟みになるような内容のご相談については,ルール上お聞きすることができませんので,ご了承下さい。

ご相談の予約は,メトロポリタン法律事務所まで。

03-3356-7618です。

もちろん,ご相談に来られたことは,会社には秘密にします。お気軽にお問い合わせ下さい。