フォト

当事務所関連書籍

プロバイダ関係メモ

  • 発信者情報の開示
    損害賠償請求をするには発信者の身元を特定する必要があります。 手続きとしては 1 サイト管理者、プロバイダへの開示請求書送付 2 裁判手続き(開示仮処分、開示訴訟) 3 弁護士会照会 などが考えられます。
  • 投稿記事の削除
    インターネット上の記事を削除するにはいくつかの方法があります。 1 サイト管理者に対して削除請求書を送付する 2 所定のフォームなどから削除依頼を行う 3 裁判手続きを行う(仮処分命令申立等) どの手続きをとるべきかは、相手によって変わってきます。すんなり削除に応じるサイトもあれば、裁判で徹底的に戦って勝たないと消してくれないところもあります。 ご依頼者としては一日も早く違法な記事が削除されることを願っているところですので、この方針の選択は大変重要なポイントです。 また、裁判手続きを選択する場合は通常費用がかかりますので、手続き選択は期間だけでなく予算の面からも重要なポイントで、経験によって大きく展開が変わるポイントです。 初期の被害状況の調査がきちんとされていないと、どんどんお金がかかる結果にもなりかねません。

« 知的財産権セミナーご参加ありがとうございました。 | トップページ | 法務省オンラインシステムと、64bit版ウィンドウズ »

2010年11月17日 (水)

電子政府オンライン申請体験フェア

12月に東京国際フォーラムで,政府が電子申請に関するフェアを行います。

電子申請が進んでいる行政分野としては,特許庁や社会保険庁,法務省などがありますが,地方税の申告なども出展があるようです。

http://www.e-govfair.jp/

各種申請業務のオンライン化にご関心のある方,行かれてみてはいかがでしょうか。

« 知的財産権セミナーご参加ありがとうございました。 | トップページ | 法務省オンラインシステムと、64bit版ウィンドウズ »

ITと法」カテゴリの記事